psionPsion Go

go紹介

go

囲碁ソフトウェア。コンピュータの強さはBeginnerからExpertまで6種類、碁盤も9路盤、13路盤、19路盤の3種類が用意され、初心者から遊ぶことができる。私は囲碁初心者なので、Expertがどの程度の強さかは不明。
画面のレイアウトは左右違いを入れ、6種類から選択できる。上の例は9路盤で手順表示を行ったもの。ゲーム途中や終了後、手順を遡ったり、追ったりして進行をじっくり見ることができる。

go

こちらは手順表示なしの19路盤画面。コンピュータ同士の対戦をさせたもの。Expertレベルでの対戦をさせてみたが、さすがにコンピュータの一手には時間がかかる。ただ、途中で止めた場合もそこまでの結果が保存されているので、再度起動した際には続きから行うことができる。対戦を別ファイルとして保存することも可能。

go

盤面エディタ画面。盤面にあらかじめ碁石を置いたところからゲームすることができるので、詰め碁問題を入れておき、2人対戦モードにして考えることもできるだろう。
Geek.comのPDAGeekでこのソフトのレビューがあったが、惜しいのは囲碁ソフトのファイル形式SPFファイルに対応していないことがある。しかし、Psionでどこでも囲碁を楽しむには良いソフトである(囲碁入門本を2冊も買い、電車の中で楽しんでいる)。

go詳細

  • Series5/Series5mx/Series7/Revo/MC218対応
  • Series7用はPurple Softwareからパッチダウンロード
  • netBook未対応(マニュアル内に記述あり)
  • 市販品(Handangoより$39.95でオンライン購入)
  • デモ版なし
  • ペン・キーボード完全対応
  • 対コンピュータ戦・2人対戦・コンピュータ対戦(デモ)

goWeb page

Purple Software(http://www.purplesoft.com/