psionPsion Mentor

mentor紹介

Mentor

Mentorは、リストマネージャ(ToDoマネージャ)ソフトウェアでありながら、時間の概念を持つ一風変わったソフトウェアである。
ほとんどのリストマネージャはタスクが始まる日と期限の日を設定できるが、Mentorでは各タスクにかかる時間をある程度(ここがポイント)持たせることで、一日にできるタスクをコントロールできるようになる。

こちらが、Role画面。カレンダー形式になっている。各アイコン(工場や家のマーク)の横にバーがあり、タスクの入り方によってバーが埋まっていく。
一日をContext(Roleと呼ばれる「役割」、Goalと呼ばれる「目標」)に対して時間を割り振り、そのRoleやGoalに対してタスクを追加していく。
この画面例では、「仕事」(工場アイコン)、「プライベート」(家アイコン)というRoleと、「英会話」(本アイコン)、「ピアノレッスン」(音符アイコン)というGoalがあり、一日の時間を割り振っている。
RoleとGoalの違いは、Goalは「達成できるもの」であり、Roleは「達成できない役割」である。各GoalはRoleに関連づけられている。例えば、英会話レッスンを仕事でやらなければいけない場合、「英会話」というGoalは「仕事」というRoleに関連づけられる。

Mentor

こちらは、Task画面。全てのタスクを見ることができる。一番左側のアイコンはコンテキスト(Role/Goal)を表している。各タスクにかかると予想される大体の時間や、ステータスなどはわかりやすいアイコンで表示される。時間のアイコンは左から5列目、ステータスは左から6列目のアイコンである。

Mentor

Schedule画面。今日や指定した日付のタスクのみが表示される。
例えば、「仕事」Roleに8時間、を割り当てた場合、仕事のタスクの大体の時間の合計が8時間を超えた場合、別の日に割り当てるなどのスケジューリングをすることができる。

Mentorの作者のページにダウンロードできるマニュアルがある。そこにより詳しい解説がある。全て英語ではあるが、いかに自分の目標を立て、それを実行していくか、それに対してMentorをどのように使いこなしていくかがわかりやすく書かれている。是非目を通してほしい。

【2001/06/24更新】
まだβ版だが、Version 05.117でAgendaとの連携が可能になった。AgendaにあるスケジュールをSchedule画面で表示することや、AgendaのToDoにMentorのタスクを書き込むことができる。

mentor詳細

  • Series5/Series5mx/Revo/MC218対応
  • Shareware $40
  • キーボード・ペン対応
  • UniFEPV2 対応!!

mentorWeb page

Ben Thornton氏(http://www.wuli.demon.co.uk/wulisoft/mentor.htm